闇のルートがつくりだす第二の被害者。

金は価格が変動する相場商品であり、各国に金相場(換金レート)というものが設けられています。

世界に共通する価値観をもつ商品としては、金にまさるものはないと言われています。

つまり金は国際商品として認められていますから、どんなルートを使っても、正真正銘の金であれば、正規の値段・レートで売買が成立するわけです。

その威力は、現金以上のパワーがあります。

それ故に、闇のルートというのも世界中に張りめぐらされていて、おおげさに聞こえるかも知れませんが、あなたが金の買取に出した家に眠っていた商品も、闇ルートを経由して売買されています。

たとえば香港、チューリッヒ、ロンドン、ニューヨークは、金に関する「世界の四大金市場」とされていますが、そこには同じ数かそれ以上の闇の市場があるとさえ言われています。

正規の路面店で金の査定をしてもらい、一定以上の純度があるとして買い取られた金は、最終的には金の延べ棒になって市場に復活します。

しかし金の訪問買取などによって不正に買い取られていった金は、それ自体が金としての純度に問題があり、闇市場で長いあいだ不正に取引され、偽の金商品として再び市場に戻ってきます。

金の買取ではなく、今度は偽の金を売りつけられるわけです。

あなたは「金の買取に出して騙された」と嘆いているかもしれませんが、あなたが買取に出した金のおかげで、また被害者が生まれています。

気をつけてください。

安易に、訪問営業による金の買取には応じないことです。